2014年03月18日

術後経過@

3/16(日)  手術当日
9時に執刀医の先生と面談、朝の検査結果を確認。
前日の夜に電話が来て、腎臓の数値が悪化しているため予定より早く点滴を開始すること、当日朝の検査で数値が戻らない場合は手術が出来ない可能性もあるとのことだったので、最後の最後まで心配しましたが、なんとか数値も落ち着き予定通り手術へ。心臓の手術自体より腎臓による術後合併症リスクの方が怖くなってきたけれど、先生達とアポロンの力を信じてお任せしました。
麻酔なども含めて手術は5〜6時間の予定。その後麻酔が覚めて、自発呼吸が出来るようになったと最終的に連絡をもらったのが、夜10時半近くでした。
術後はICUで、執刀医の先生が朝までついてしっかり術後管理をしてくださいました。


3/17(月)  術後1日目
朝、 先生より電話で、順調に回復しているとの経過報告。
心配していた腎臓の数値も今のところ落ち着いているとのこと。
食欲があり、朝ごはんを食べたと聞いてびっくり。早ければ1日目の夕方頃にはごはんを食べるかもしれないと聞いていたのに、食いしん坊のアポロンらしいよ。1日に何回かに分けて少しずつ食べさせてもらっているそうです。

午後の面会時間に行ってみると、ちょうどぐっすり寝ていたので起こさないように酸素室のガラス越しにそっと見てきました。
まだいっぱいチューブがついていて、傷も痛そうに見える。体の左側の剃毛は思っていたより広範囲で、想定はしていたものの間近で見ると一瞬ひるんでしまった私ふらふら


3/18 (火)  術後2日目
血液凝固や腎臓の数値など、まだ気を抜けないところがあるものの、食欲もあり大体順調に回復傾向。心臓は逆流もほぼなくなっていて、正常なサイズに戻っているそうです。
今日の面会もてっきりガラス越しだと思っていたら、酸素室から出てきたので私の方がパニックにあせあせ(飛び散る汗)
直接触れることはできたけど、心配になってすぐに戻してもらいました。
体力も落ちてるし、毛もないからかひょろっとしてて、頼りない感じ(病院着みたいなの着てたので傷のところは見えなかった)。
ぎゅっと抱きしめたいけど、まだ傷も痛いだろうし、どこをどう触っていいかわからず、ぎこちなくなってしまった~_~;
しっかり食べて、しっかり寝て、無理せずゆっくり元気になろうね、アポロン。
このまま順調に回復しますように。


術後2日目 in 酸素室  まだ点滴継続中
20140318_124539.jpg


ニックネーム apodia at 19:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする